Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://horimotohaiku.blog110.fc2.com/tb.php/181-ea2bc5eb

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

句集出版記念イベント開催!



ブログ読者の皆様、こんにちは。
(株)アドライフのスタッフです。

堀本裕樹初の句集となる『熊野曼陀羅』が9月15日(土)に発売決定いたしました。

熊野曼陀羅
(文學の森)


これを記念し、下北沢の本屋「B&B」にて出版記念イベントを開催いたします!

堀本裕樹×中上紀
第一句集『熊野曼陀羅』を語る
堀本裕樹出版記念イベント


『熊野曼陀羅』に収録された302句にはどんな思いが込められているのか、
聖地・熊野について、本書の帯文を書かれた中上健次の御息女・中上紀さんを
ゲストに招き、トークを行います。
中上紀さんも父・中上健次の故郷である熊野に幼いころから親しみ、
小説やエッセイの作品にしてこられました。
当日会場にて堀本および中上さんの著作も販売する予定です。

ちなみに、会場となる「B&B」の名はBook&Beerの略。
本屋にビールカウンターが設置されているという面白いお店です。
週末、本に囲まれ、ビールを片手に神秘的な熊野の魅力に耳を傾ける。
そんな豊かな時間を満喫してみませんか。

<中上紀さんプロフィール>
1971年、東京生まれ。作家。ハワイ大学芸術学部美術科卒業。
文筆活動のほか、「熊野大学」にて夏期セミナーのコーディネーター、
武蔵野大学日本文学文化学科、日本大学文理学部にて非常勤講師を務める。
『彼女のプレンカ』ですばる文学賞受賞。『熊野物語』(平凡社)が織田作之助賞最終候補。
「電話」(『新潮』2010年11月号掲載)が川端康成賞最終候補。
中日新聞に「熊野 魂のゆりかご」を連載中。雑誌「スッカラ」に、はじめて詩の連載にチャレンジ中。
主な著書に、『イラワジの赤い花』『彼女のプレンカ』『パラダイス』
『悪霊』『夢の船旅 父中上健次と熊野』『いつか物語になるまで』『アジア熱』
『水の宴』『シャーマンが歌う夜』『蒼の風景』『月花の旅人』『海の宮』など。
最新刊は『熊野物語』。

。・。・* 。・。・* 。・。・。*・。・。*・。・。*・。・。・・

堀本裕樹×中上紀
第一句集『熊野曼陀羅』を語る
堀本裕樹出版記念イベント概要


*開催日:9月21日(金)20時~22時(19時30分開場)
*場  所: 本屋B&B
      世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F
*入場料:1500円 +11 ドリンクオーダー  チケットの購入はコチラから!


img_map.jpg

。・。・* 。・。・* 。・。・。*・。・。*・。・。*・。・。・・

応援していただける方、下記ボタンをぜひ押してください!
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://horimotohaiku.blog110.fc2.com/tb.php/181-ea2bc5eb

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

第一句集「熊野曼陀羅」

北斗賞受賞作含む302句収録

堀本裕樹初の句集が発売。
帯文執筆は中上紀氏、
序文は鎌田東二氏。

プロフィール

堀本裕樹

Author:堀本裕樹
堀本裕樹(ほりもとゆうき)
1974年,和歌山県出身/國學院大学卒。俳誌「梓」同人。第2回北斗賞受賞(文學の森主催)。いるか句会・たんぽぽ句会主宰。俳人協会会員。池袋コミュニティカレッジ講師。実践女子学園生涯学習センター講師。角川庭園・すぎなみ詩歌館講師。「すばる」(集英社)にて、ピース・又吉直樹氏と連載中。「マネーポスト」(小学館)にて連載中。著書:「十七音の海 俳句という詩にめぐり逢う」。句集:「熊野曼陀羅」


horimotoyukiをフォローしましょう

horimotosite_bnr1.jpg

「マネー五七五」募集中

小学館マネーポスト連載企画「マネー五七五」
fxdd
第十一回2013年10/31まで投句募集中

投句イベント

ツイッター

ブログランキング

堀本裕樹メールマガジン

いるか通信バナー

著書

堀本裕樹おすすめ書籍

一冊で季語がまるわかり。俳句を始める方の必須本です。
20週で俳句が作れるようになる一冊。千堀お奨め!

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。