Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://horimotohaiku.blog110.fc2.com/tb.php/26-7635d3c2

トラックバック

コメント

[C10] 美味しそう

私も二年前くらいにここのお店に行ったことあります。
料理はさることながら、テラスのロケーションが素敵で
とても印象的でした。
ブログに紹介されていて、久々に思い出しました。
また、行ってみようと思います。

[C12] Re: 美味しそう

そうでしたか。
おいしい料理を食べながら、
海のひかりや風を感じるのって、いいですよね。
こういう時間って大事だなあと思います。
また、若手で集まって行ってもいいですね。
  • 2010-10-06 10:30
  • horimotohaiku
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

海菜寺日和

再び稲村ヶ崎の和のレストラン、
「海菜寺」におうかがいした。
101003.jpg

前回はふらりと入って、
サイダーとビールと漬物だったが、
今回は鎌倉野菜のしゃぶしゃぶ御膳を
予約しておいた。

「海菜寺」の料理をきちんと味わいたかったのだ。

席につくと早速、
総料理長が声をかけてくださった。

まずはテラスに出て、今日の海と空を眺める。
そして、ビール。
1010035.jpg

相変わらず、総料理長との会話は楽しい。
前回も料理と俳句の話で盛り上がったが、
また今回もどちらも「取り合わせ」が大事なんだ、
という意見が見事に一致した。

素材の「取り合わせ」で料理は思いもかけぬ味を生み出すし、
俳句も言葉の「取り合わせ」しだいで、思わぬ詩的空間が生まれる。
意外なものの「取り合わせ」こそ、
その驚きと飛躍は大きいといえるだろう。
やっぱり料理と俳句は似ているのだ。

お店を句会に使わせていただきたい気持ちが、
さらに高まってくる。
料理と俳句の「取り合わせ」に胸が膨らむ。

さあ、待ちに待った御膳のお出ましである。
店内にいったん入って、前菜からいただく。
101003_3.jpg

地産地消の素材を使ったなんと美しい彩りだろう。
そして一品一品の繊細さ、素材の取り合わせの妙。
あえて、料理の細かな解説はしないでおこう。

ただ、どれも口に含んだ瞬間に、
自然にニンマリと笑みをたたえてしまう味だということ。

メインの鎌倉野菜と金目鯛のしゃぶしゃぶ。
これも食べながら、笑顔がこぼれてくる。
メインなのに写真はない。
写真を撮るのを忘れてがっつき、しゃぶしゃぶしてしまった。
食欲と総料理長の手腕に負けた結果だ。

デザートも申し分ない。

ブログでせこせこと味の解説をするのは、
かえって総料理長に失礼だと思ったので、
俳句のごとく省略させていただく。
書くときは、きっちり書きたい。

ただ一言でいえば、心からおいしい。
あとは各自の舌と眼で、実際存分に料理を楽しんでいただきたい。
「海菜寺」の真心が伝わってくるはずだ。

今日は湘南日和であり、
料理とともに、テラスからの風景も楽しめる海菜寺日和だった。
総料理長、スタッフの皆さん、ありがとう!
1010032.jpg

海風の天高くなるばかりなり  裕樹
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://horimotohaiku.blog110.fc2.com/tb.php/26-7635d3c2

トラックバック

コメント

[C10] 美味しそう

私も二年前くらいにここのお店に行ったことあります。
料理はさることながら、テラスのロケーションが素敵で
とても印象的でした。
ブログに紹介されていて、久々に思い出しました。
また、行ってみようと思います。

[C12] Re: 美味しそう

そうでしたか。
おいしい料理を食べながら、
海のひかりや風を感じるのって、いいですよね。
こういう時間って大事だなあと思います。
また、若手で集まって行ってもいいですね。
  • 2010-10-06 10:30
  • horimotohaiku
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

第一句集「熊野曼陀羅」

北斗賞受賞作含む302句収録

堀本裕樹初の句集が発売。
帯文執筆は中上紀氏、
序文は鎌田東二氏。

プロフィール

堀本裕樹

Author:堀本裕樹
堀本裕樹(ほりもとゆうき)
1974年,和歌山県出身/國學院大学卒。俳誌「梓」同人。第2回北斗賞受賞(文學の森主催)。いるか句会・たんぽぽ句会主宰。俳人協会会員。池袋コミュニティカレッジ講師。実践女子学園生涯学習センター講師。角川庭園・すぎなみ詩歌館講師。「すばる」(集英社)にて、ピース・又吉直樹氏と連載中。「マネーポスト」(小学館)にて連載中。著書:「十七音の海 俳句という詩にめぐり逢う」。句集:「熊野曼陀羅」


horimotoyukiをフォローしましょう

horimotosite_bnr1.jpg

「マネー五七五」募集中

小学館マネーポスト連載企画「マネー五七五」
fxdd
第十一回2013年10/31まで投句募集中

投句イベント

ツイッター

ブログランキング

堀本裕樹メールマガジン

いるか通信バナー

著書

堀本裕樹おすすめ書籍

一冊で季語がまるわかり。俳句を始める方の必須本です。
20週で俳句が作れるようになる一冊。千堀お奨め!

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。