Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://horimotohaiku.blog110.fc2.com/tb.php/38-43076c5a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

日本武尊

たまに行く日帰り温泉があって、
その道沿いに立っている
「白鳥神社」という幟がいつも気になっていた。

気にはなっていたが、
なぜか、まあいいやと幟を横目にするだけだった。

しかし、昨日はなぜか足が
「白鳥神社」の幟に誘われるように向いたのである。

その幟に沿ってゆくと、どんどん上りになる。
途中、竹林の小路を抜けるのだが、
竹と土の混じり合った香りが立ち上ってきて、
清澄な空気を胸いっぱいに吸い込む。
なんとも気持ちがいい。

秋の季語・白粉花(おしろいばな)もあった。
まだ、午後早かったので、
白粉花はきちんと咲いていなかった。
101027_1.jpg

おしろいは父帰る刻咲き揃ふ  菅野春虹

の、一句からもわかるように、
フォー・オクロックとも呼ばれる白粉花は、
夕方から本格的に咲きはじめる。

上りきると住宅街があり、
そこに小さな鎮守の森を抱えた白鳥神社があった。

こじんまりとしたシンプルな神社だ。

鳥居をくぐり、社へと階段を登ってゆく。

白鳥神社は思った通り、
日本武尊(やまとたけるのみこと)を奉ってあった。

日本武尊は死後、
白鳥になって飛び去ったという伝説が残っている。
その伝説に由来して、
白鳥神社という名称になっているのだ。

おさい銭を入れ、
鈴を鳴らし、拍手を打って、
誰もいない神社で掌を合わせた。

日本武尊は悲劇性を帯びた英雄であり、
強烈な武神・軍神である。

いろいろな思いを込めて深く祈った。

101027_2.jpg

天高く日本武尊(やまとたける)の羽音あり  裕樹


応援していただける方、下記ボタンをぜひ押してください!
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

--------------------------
俳句初心者必見!楽しみながら17音を自由に泳ごう。
堀本裕樹・無料メルマガ「いるか通信」創刊!!
ご購読はコチラ→まぐまぐ!いるか通信ページ
--------------------------

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://horimotohaiku.blog110.fc2.com/tb.php/38-43076c5a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

第一句集「熊野曼陀羅」

北斗賞受賞作含む302句収録

堀本裕樹初の句集が発売。
帯文執筆は中上紀氏、
序文は鎌田東二氏。

プロフィール

堀本裕樹

Author:堀本裕樹
堀本裕樹(ほりもとゆうき)
1974年,和歌山県出身/國學院大学卒。俳誌「梓」同人。第2回北斗賞受賞(文學の森主催)。いるか句会・たんぽぽ句会主宰。俳人協会会員。池袋コミュニティカレッジ講師。実践女子学園生涯学習センター講師。角川庭園・すぎなみ詩歌館講師。「すばる」(集英社)にて、ピース・又吉直樹氏と連載中。「マネーポスト」(小学館)にて連載中。著書:「十七音の海 俳句という詩にめぐり逢う」。句集:「熊野曼陀羅」


horimotoyukiをフォローしましょう

horimotosite_bnr1.jpg

「マネー五七五」募集中

小学館マネーポスト連載企画「マネー五七五」
fxdd
第十一回2013年10/31まで投句募集中

投句イベント

ツイッター

ブログランキング

堀本裕樹メールマガジン

いるか通信バナー

著書

堀本裕樹おすすめ書籍

一冊で季語がまるわかり。俳句を始める方の必須本です。
20週で俳句が作れるようになる一冊。千堀お奨め!

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。